破産承認を受けた場合にどういう類の損害(デメリット)があるかは自己破産申請を考慮した方達にとって絶対にまっさきに欲しい内容だと考えます。自己破産認定者が受ける損失に関しての箇条にしておきましょう。・破産者のリストに記載されます。※正式な身分証明書を出すためのデータであるので通常の人はチェックすることが無理ですし、免責の認定がもらえれば消滅します。・官報において周知される。※新聞とは違いほとんどの本屋では扱われませんし、ほとんどの方達には関係のないものだと考えられます。・公法でのライセンスの制限。※破産者になったときは法曹、会計士、行政書士、税理士などといったような資格保有者は失格になるので作業をすることができなくなります。・私法における資格制限。※自己破産認定者は後見、保証者、遺言執行役をやることが無理になります。それだけでなく、合名形式の会社、合資の企業のワーカーならび株式形式の企業、有限の企業の取締役、監査役員は退任事由となります。・住宅ローンやクレジットの利用ができなくなります。また、破産管財人が入る事件の際、下に記載する制約が加えられます。・破産者自身の家財を使用、廃棄することが不可能になります。・破産管財係や貸主組織の請求があると必要な解説をせまられます。・地裁の許可を受けず住む場所の引越しや旅行をしてはいけません。・裁判所が必要だと許可する際には身体を保護される場合もありえます。・送付物は破産管財役に届けられることになり、破産管財をする人は送られた送付品を開けることが許されます。破産した人の損失に関連した大抵誤解されているポイントを箇条にしてみました。1謄本また住民台帳には載りません。2会社は破産を理由として退職させることはできないです。※普通、自分がしゃべらないかぎり企業にばれることはありません。3選挙権限や選挙権限などの人権は止められません。4保証者でなければ家族に肩代わりする義務などはないのです。5最小限生活に欠かせない調度品(ノートPC、TVを入れて)衣類などは差し押さえ対象外です。自己破産者の不便性についてリストアップしてみました。破産申請をするのなら返済義務は無かったことになるとしても以上のデメリットがあります。破産申立を実行する上で、利益もデメリット真剣に熟慮した方がよいです。